体臭(人に不快感を与えてしまうこともありますし、コンプレックスにも繋がります)は、何かの病気の可能性がありますから、注意しないといけません。 もし、体臭のほかに体の異変も感じる場合は、病院に行かれた方が良いでしょう。 特に次のような体臭がする場合は、注意が必要となります。 ・甘酸っぱい臭い ・尿の臭い ・肉が腐った臭い ・カビの臭い ・硫黄の臭い ・魚の臭い リンゴのような甘酸っぱい臭いが行う事は、糖尿病の可能性が高いでしょう。 また、過度なダイエットを行っている場合も同じように甘酸っぱい臭いがするケースがあります。 尿の臭い、つまり、アンモニア臭の体臭は、肝臓や腎臓機能低下、もしくは、肝臓や腎臓に関する病気の疑いがあります。 肉が腐った臭いが体から行う場合に考えられるのは、肺の機能低下や肺の病気、蓄膿症(時には、周囲にもわかるほどの悪臭を発することもあるでしょう)、鼻炎などです。 体臭がカビ臭いと思ったら、肝臓の機能低下、または、肺の病気の可能性があるでしょう。 硫黄の臭いがするのなら、胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍といった胃腸の病気かもしれません。 そして、魚の臭いがする時には、魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)という代謝の病気の可能性がありますー